名刺を持って就活を

名刺は社会人として仕事をする方の多くがあいさつの際に交換するものではないでしょうか。
例えば営業職の場合なら、会社から支給されて積極的に使うことも。
社会人になってから持つイメージのある名刺ですが、最近は就活中の学生も持ち、就活のあらゆる場面で渡すシーンが見られるようになってきました。

そもそも名刺とは、自己紹介や職業上の儀礼のために渡すもの。
自分の名前はもちろん、肩書や連絡先などが書かれたもののことです。
しかし名刺のデザインは非常に多岐にわたっており、デザイナーやイラストレーターのような芸術性のある職業の方は特に個性的なデザインになっています。
この点からすると、名刺は自分を表現するひとつの手段ともいえます。

ではなぜ就職をするために就活をしている学生が名刺を持つと良いのかというと、きっかけづくりが大きな目的です。
一般的な社会人で仕事をする人であれば、名刺を渡されれば自分の名刺も渡すものでしょう。
そして受け取った名刺をきっかけに、コミュニケーションをとっていきます。
それは相手から名刺を渡されれば、そこに連絡を取っても良いという暗黙の了解があるからです。

希望する企業の社員の誰かとつながりを持つことができれば、その先企業見学やOB訪問もしやすくなるというもの。
全く知り合いもいない企業へ連絡を取り訪問のお願いをするのは難しいと感じるのではないでしょうか。

こちらのサイトでは、そんな就活に頑張る方のために就活生が名刺を持つメリットなどを解説しています。
これからの就活のお役にたてるととてもうれしいです。



○管理人推奨サイト
デザイナーの考えた個性的な名刺を持てる名刺作成専門の会社です →→→ 名刺作成 専門